· 

クマガイジテンシャ様のWebマーケティング支援を行いました!

昨年12月よりクマガイジテンシャ様のWebマーケティング支援を始め、概ね当初想定していた構成が実現できましたので実績公開いたします!

今回は、今現在も進めているサービスパッケージの開発にご協力いただくような形でご支援させていただきました。

サービスパッケージ開発中ですので、「どんなサービスなの?」「どんなことを支援してもらえるの?」はまだお話しできません。。。

が、そのサービスパッケージの中で今回も使用しましたサービスパッケージの一部ご紹介いたします!

今回は3つ、ご紹介させていただいて、それがホームページのどこに出てきているかをご紹介したいと思います。

 

◆企業価値観デザイン

基本的に人は皆、自身の中にある何らかの価値観に照らし合わせて行動をしています。ですが、自分の価値観をはっきりと示すことができる人はどれくらいいるでしょうか?日ごろの会話の中で口にすることはあると思いますが、改めて聞かれると中々答えることができません。また、意識して自身の価値観と照らし合わせながら行動を取っていくことも難しいと思います。

そして、この経営者自身が内に秘めている価値観を自分で探索することは大変難しいのです。自分自身は無意識に捉えていることですから。

そこでサービスパッケージでは、この企業価値観をデザインするためのワークを設けており、カウンセリング技法を活用しながら無意識にある価値観を意識下に移動させています。

 


今回のクマガイジテンシャ様のケースでは、ホームページのトップページにある思いがその価値観に該当しています。この思いは誰かから借りてきたものではなく、Only Oneの価値観です。

価値観が見えることで何が嬉しいのでしょうか?それは大きく3つあると考えています。

  1. 企業内の意思決定をこの価値観と照らし合わせて判断できるようになる(ぶれない軸ができる)
  2. この価値観に賛同する顧客や協力者が集まってくる
  3. この価値観を実現するための様々なアイディアが集まってくる

クマガイジテンシャ様のホームページのコンテンツは、全てこの価値観を起点として作っています。

 

◆顧客体験デザイン

価値観ができればホームページのコンテンツは出来上がるのでしょうか?そうではないですよね。見えてきた価値観に基づいて、ではどんな顧客がどんな体験をすると、クマガイジテンシャ様の価値観が届くのか。それをデザインするのが「顧客体験デザイン」です。顧客体験(Customer Experience)は近年大企業やIT企業で注目されている概念です。この技法を活用していくことで、顧客の導線をホームページに作っていきます。

今回のクマガイジテンシャ様のケースでは、メニューにその導線が表れています。また、”自転車の楽しみ方・選び方”といったコンテンツにも、クマガイジテンシャ様の価値観と顧客体験デザインが表れています。スポーツ自転車選びの際に”運動真剣度”を聞くショップはなかなか見当たりません。

さらに、クマガイジテンシャ様の顧客の声として、オーナー様や常連顧客の皆様の頭の中にあるオススメ道路やオススメスポットをいつでも知ることができるようにしてほしい!お互いにシェアしたい!といった要望が長年あったそうです。そこで!”クマガイジテンシャサイクリングマップ”というものを作ってしまいました。これはスマートフォンでも見ることができ、また、GPS機能と合わせると今自分がいる場所がわかり、オススメ道路がどこにあるのかすぐにわかるという優れモノです。オススメスポットは順次追加されていくので、今後の充実にこうご期待です!


◆業務モデルデザイン

クマガイジテンシャ様のホームページには、これまでご紹介した内容以外にもたくさんの仕掛けが入っています。ただ、たくさんの仕掛けを入れても、日常的に使いこなしていかないことにはホームページの意味を成しません。そこで使うのが”業務モデルデザイン”の技法です。日常的に操作することを最小限にしながらも、多くの表現ができるような業務の段取りになっているため、更新作業の負荷が違います。クマガイジテンシャ様からは、今までよりも格段に短縮されたとお話をいただきました。

ここにはこれまで培ってきた業務やITのアーキテクチャ設計技法がふんだんに盛り込まれています。ちなみに、今回のホームページのツール類はすべて無料で公開されているものを使っています。(2017年2月現在)

いかがでしたでしょうか。クマガイジテンシャ様のホームページは一見するとありふれたホームページのように感じるかもしれません。ですが、ありふれたように見えるものでも、そこには価値観という柱に沿ってすべてが作られています。それが、リリース以後にクマガイジテンシャ様の顧客の声として「今度のホームページはいいね!」「もっとこんな情報も載せてよ」といった前向きな内容が集まってくる理由だと思います!

 

クマガイジテンシャ様のホームページはこちら ⇒ https://rinsyoukumagai.jimdo.com/